忍者ブログ

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年1月4日に秋葉原で撮ってきた | 3D-GAN、シュタゲ痛車
秋葉原駅
1月4日に秋葉原で撮った写真を載せていく。




月夜のサアカス
一度、行っておきたいお店、月夜のサアカス
ココに来るのは、以前同じ場所にあったCAFE & DIMENSIONに訪れた以来だなあ、と。

「とりあえず行ってみるか」の気持ちが先行して、事前に営業日を調べないで来たのもあって、残念ながらまだ休業中で閉まってた…。次は気を付けたい。

-----

2k540
月夜のサアカスから秋葉原駅周辺地に戻ろうと、来た道とは違ったトコを通っていたら2k540なる場所に辿り着く。

「おお、こんな場所あったんだ」と探検するコトに。

段々と「そういえばだいぶ前に高架下に職人の商店街みたいなの出来たって記事読んだかもなあ…」と思い出していく。そのとき読んだのは確かこの記事だったはず。

-----

3D-GANにて
3D-GANという場所で、3Dのデータを元に機械によって作られたフィギュアが展示されてたので、許可を得て撮影してきた。


初音ミク
塗装済み完成品として商品化が決定している、Tripshotsさんという方が制作した3Dデータを元にして作られた初音ミクのフィギュア。


赤い人
redjuiceさんの描かれたイラストを元に作られたらしい赤い女性のフィギュア。

帰ってきてから調べた感じだとCRIMSON HARDCOREというCDのジャケットイラストが元のようだ。


タコのような
なんだか不思議な感じで気になったフィギュア。岸啓介さんという方の作品。
建物の外に向けて展示されてるので、手前のガラスが写り込んでしまった。

一寸フィギュア
やる夫やらない夫がいたのが気になった一寸フィギュア。石膏粉末Pという方の制作したもの。

 
制作方法を解説してる動画があった。こうやって作られるんだねえ…。


いまいち萌えない娘も
少し悩んで、この機会を逃したらもう出会えない気がして、やらない夫を購入した。
別に用意されていたフィギュアの中で1つオマケとしてくれるというので、いまいち萌えない娘を選んだ。

3Dデータを元にして作られたフィギュアは、一見すると表面が毛羽立ってるように見えて、実際に触ってみるとザラザラした感じがする。壊れやすいらしいので大事にしよう。

-----

ミシン
他に気になった場所は古いミシンが展示されていた、inoui


誰もいない
ビスケットっぽいものも展示されていた。手縫い革鞄、革小物、アクセサリーの製作、販売を行なっているとのコト。私が行ったときは休業中だった。

-----

傘わんさか

もうひとつ気になった場所は、Tokyo noble
確かココは前にレタスっぽい傘、ベジタブレラでも話題になったコトがあったはず。


ソフトクリームの柄つき
私はこの柄がソフトクリームになってる傘が気になった。

-----

AKIBAカルチャーズZONEの周辺は、ラオックス ザ・コンピュータ館があった頃から痛車が駐車してるのをよく見かける。


左横
今回も何台かあって、コチラのSTEINS;GATEを題材とした痛車が特に気になった。
丁度、撮影しようとしたときに持ち主が戻ってきたので、撮影の許可を得るコトが出来た。

右前扉には主要キャラクターのシルエットが並んでいて、その横の車体に更に阿万音鈴羽が大きくあり、給油口には牧瀬紅莉栖の瞳部分のアップが、右後ろ窓ガラスにはメイクイーン+ニャン2のロゴとドクターペッパーのロゴがある。


後ろ
後ろの窓ガラスには未来ガジェット研究所を英語表記した"FUTURE GADGET LABORATORY"という文字と、未来ガジェット研究所のピンバッジのロゴがあり、車体後部のバンパー右下には"阿万音改"という文字がある。


前
ボンネットにはSTEINS;GATEのロゴと作品に関わった企業のロゴがいくつかある。


右横
右前扉とその横の車体にも企業のロゴがたくさん描かれていた。

他の痛車が彩り豊かな中で、敢えて元の車の色の白地を活かして、白黒で統一されてるコトで、薄暗くなった時間帯でより映えて見えたのが、今考えると注目した理由かもしれない。

この痛車の持ち主は、勇者脳ガイという方でニコニコ動画で声に関する活動をしているようだ。



寒さで指が思うように動かないのと、その場で足を止めていると体がどんどん冷えてくるので、思っていたよりあまり写真を撮っていられなかった。

あと、写真撮影とブログへの掲載許可を貰う範囲が曖昧なので、今後はなんとかしたいと思った。

個人の作品といえそうなものは許可を求めたけど、風景として駅や建物の外観は大丈夫そうだとして、看板や建物の外から見える商品の展示も承諾を得るべきなのかどうか、線引きがわからなくなる。

取材という程でもなく、個人の日常の書き留めではあるのだケド、インターネット上で公開しているし、却って許可を求めることが藪蛇な場合もあるしね…。


PR
コメント
氏名


メール


ウェブサイトアドレス


件名


本文
.
編集用パスワード


個人的に応援中
このブログを書いているのは
自画像
書き込み主:猫舌ひよこ
このブログは、猫舌ひよこ個人が興味を感じた対象や、自分の趣味の紹介を時々書き込む場所です。

イラストとデザインと立体造形にとても興味があるオタクです。

質問や意見があればメールフォームへ。

Twitter
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
[07月02日 ひめぱん]
記事分類
過去の記事